スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠征


桜も満開の福博の街。

そろそろ私の釣果にも花を手向けたいところです。

そんな福岡市を後に、帰省という名の遠征に行きました。

私の実家は北九州市最西の一級河川の近くにあります。

その大きな河は河口付近に堰があり、その堰を境に下流海側でシーバスの釣果が上がっているメジャーポイントです。

逆に上流側は黒バスのポイントとしてもかなり有名で、シーズンともなれば多くのバスボートが走り回っています。河バスの引きは静水域のソレとは違い迫力のあるものです。(私の釣りに於いての最大サイズは、ココのバス。)




午前3時半。河口堰下流側に到着。

先行者の方が1名あり。

軽く挨拶を交わし状況を尋ねるも、まだ、本命は手にしてないとの事で…。

しかし、河に目をやると明きらかに生命感がみなぎっている。(何の生命感かは解からんが。)

ボラも元気に跳ね回り、海面には無数のナブラが…堰の直ぐ傍まで潮目が来ている様子。

「今日はひょっとして、ひょっとしちゃうかも…。」

手すり越しに釣りをするココで、早速その潮目にギリギリ届くフルキャストでバイブレーションを通す。

コン・コンッ・と直ぐにアタリはあるが、どうもボラの様でルアーを通すたびに、その反応がある。

ここは堰の両端に流れ込みが造ってあって、勢い良く流れ込んでいる。

そう言う所に魚が集まりソレを捕食しにシーバスがやってくることを物の本で読んだことがある。

水の流れを横切るようにキャストした数投目、

ぐ・ぐぐっ。とロッドがしなった。

でも、ソレが狙った獲物ではない事は、素人の私にもわかった。

力強くラインを引くその感触は、久しぶりで嬉しい物である。

足元が高いので「えいやっ!」と引き抜く。

やはり、ボラちゃん。背びれにスレ掛かり。しかし30センチを超えるサイズの引きは何でも楽しい。

再びヒット。今回は頭を振って暴れる様子が伝ってきたので、「もしや…」と期待したが、エラ洗いする様子も無く…。

やはりボラ。ルアーを喰ってきたのか、しっかり口にフックが刺さっていた。

ボラでも楽しいかも。

その後も、無数のアタリ(というかルアーにぶつかってる様子)。

ライトでそのアタリのある部分を照らしてみると、鈍く反射する魚体を見ることが出来る。

どうやら、その流れに沿って無数のボラの帯が出来ていた。

3匹ほどのコノシロを追加して、なんか、引掛け釣り?状態みたいになり、ポイントを移動。

2・3箇所の場所を探って見たけど反応なし。

やはり、ボラでも反応がある所が良いので最初のポイントに戻ると、既に別のアングラーがキャストしていた。

若い男性アングラー。そこで、ちょっと情報交換。

「ボラでも何でも、釣れれば良いっしょ。」と、私が離れた後の堰付近は魚の反応が遠のき今は無反応だそうで…。

彼も最近、シーバスフィッシングを始めて何度かココに釣りに来ているらしく、聞けば私と同じ福岡市在住との事。


午前3時半から午前9時まで、6時間近くもキャストし続けて首が痛くなってしまいました。



私の春は、まだまだ遠いのでしょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私は・・・。

岳

Author:岳
よろしく。

こげなこつを・・・。
また・そげなこつを・・・。
どげな?
愉快な人々。
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。