スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長男の趣味


コレは何でしょう?

フィッシュグリップの写真を釣りしない人に見せて「コレはなぁ~に?」と質問するより、ご存知の方は多いと思います。

「プロポと申します。」


主にラジコン模型(主に、ってそれしかない)の操縦に必要な、所謂送信機。

リールの世界でも、釣具屋のワゴンの中に無造作に放り込まれ、お父さんの買い物に強制的に付き合わさ
れた子供が思いっきりファーストリトリーブをぶちかましている千円位のものから、ガラス越しにしか見
ることを許されず、手にするとすれば購入前提条件としてしか決して触る事の出来ない6万円を越す超高
級品まで…。

プロポの世界も松竹梅の幅が室見川の河口くらいに広い。

通常は、同時に何台もの車を走らせるサーキットにおいて、電波が混線しないように、他の車とは違う周波数のクリスタルと呼ばれる部品を送信機と受信機につける必要がある。

↑このプロポはその必要が無く機械の操作ひとつで切り替えが出来るらしい。(よくわからん)

最近、長男が購入したコレはかなりハイエンドなモデルだそうで。

で・お値段。


よんまんろくせんえん!


それだけではありません。

四輪独立駆動の車に付ける別売りオプションパーツは豊富でラジコンショップに行けば…

ここはオー○バックス?

と見間違えるほどの品揃え。

ショックアブソーバーには一丁前にオイルダンパーが付いていて、しかも車高やショックの硬さまで調整出来、焼入加工済みのダミーマフラーやディスクブレーキ(勿論ダミー)ローターや"ワタナベ”(わかる人同年代)ホイールまで売ってやがる!チクショー!

やれアンプだ、やれバッテリーだ、やれ充電器だ、とバージョンアップにえらく金が掛かります。

はじめは、全て揃った「買ったらすぐに走らせます!」(実際にはバッテリーを充電させないと走行不可、充電に半日)と言うコピー付きのキットを「すげぇ~!」と言いながら走らせていた長男。

彼はその世界を知ると、次はコレ、そしてアレ、んでもってソレ…。

できればラジコンショップの全部が欲しい。"どこでもドア"の出口は確実にその店内にロックオン!

彼はその為にお年玉の全てを注ぎ込んだのであ~る。



ふふふっ。確実に私のDNAを受け継いでいる。


先ずは形からという、先祖より伝わる家訓に則り、そのすばらしい伝統を脈々と継承する我が息子。

「わかるよっ・解かるその気持ちっ!。」

今度、おとーさんが釣り道具を買って、おかーさんに"何か"言われている時は見方になってね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私は・・・。

岳

Author:岳
よろしく。

こげなこつを・・・。
また・そげなこつを・・・。
どげな?
愉快な人々。
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。