スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてますよ・・・。

1ヶ月以上放置してしまいました・・・私です。

何か頭に広告がくっついとるし。

適度に(週一)出撃しておりますが皆さんの様に、釣果が着いてきません・・・。

掛ったと思えばヴォラれるし・・・。

スレ掛り(恐らくヴォレ)で思いっきり走られ、ロストする事数回・・・。

先週なんか、私を含めた4名のアングラーの中で・・・ひとりホゲたおしましたし・・・。


きっと、憑かれてます・・・。R型?

人に移せば治るらしい伝染病・・・。

ヴォラれるだけならまだしも・・・。

夥しい数のエロコメの発症・・・。


はっ!


ヒロリ菌かも・・・。











誰か私を浄化して。




岳々ブルブル。

4月も後半ですよね?・・・確か・・・私です。


今回3年目を迎える、D1レース観戦ですが。


今までの開催は夏場・・・。


日焼けの対策が必要だったんですが・・・。


今回はなぜかこの時期に・・・。


福岡でも冷え込んだ4月の26日。


大分の山奥は・・・。


8℃・・・。


冬場のテトラ以上の完全防寒のうえ、封筒型のシュラフに下半身突っ込み・・・寒い・・・。
stand.jpg



レースクイーンのオネーチャンも・・・コート着とるし。凸(゚皿゚メ) ウラァァアア!!


なんか疲れただけだったわ・・・。

















ネタ切れよ・・・。

遂に。

我が家にも来ました。

T岳Q負菌の申請用紙が・・・私です。

うちの場合4人家族で、一人だけ18歳未満ちゅー事で総額、¥56,000ナリ。

子供達は既に皮算用を決め込み・・・。

しかし、勘違いされては困る。

家族の個々に分け与える物ではなく、世帯に給付されるのであり。

其々の金額は、あくまで目安とされる訳で・・・。

苦しい家計の足しにと、お上がばら撒く税金なのである。

戦後最悪の愚策と称される、この政策・・・。

各世帯に送付され、申込用紙を返送し、この郵便代金だけで幾らの税金が使われるのか・・・。

たかだかこれ位の金額で何の足しにしろと・・・。

全くもって理解に苦しむ。

世界的にも未曾有な不況に陥った今日、別の使い道があるはず。

雇用情勢の悪化や医療現場の崩壊など真に必要とされる物があるのでは?

情けないぞ・・・日本政府・・・。

私は思う・・・。



















さぁ~て・何買おっかなぁ~♪




家族の骨肉の争いが今、火蓋を切って下ろされようとしている・・・。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

痛みの元。

あいたたた・・・



首筋に痛みが・・・私です。






普段使わない所に力が入った為の痛みと思われ・・・。












行ってきました、久方ぶりの漁港のテトラ。




これまた久し振りのピン釣行。




あのプルプルをと・・・気温が下がったにも関わらず。




飛ばし浮装着のファーストキャストからアタリが・・・。




おっ・今日は逝けるか?



















a long time ago.























そろそろ納竿と心も折れ掛けた、夜の11時を回った頃でした・・・。





『○×△□#%$&!!』





30メートルほど離れた所から叫び声が・・・。





「何・なに?えらい盛り上がっとる?。」





などと思いながら、クーラーボックスを手にテトラを登り、





気になったので、声の聞こえたほうをヘッドライトで照らしてみる・・・。














すると、一つのライトがこちらを照らし、なにやら叫んでます。
















『人が・テトラの隙間に落ちたんでで手を貸して貰えませんかーっ!』






な・なんですとっ!!





えらいこっちゃ・えらいこっちゃ。





その場に道具を置き(勿論テトラ上)、声のする方へ。





足場の悪いテトラを渡り歩きながら、





「ひぃえぇぇぇ~・・・人が落ちたって・・・どんな風になっとるんやろ・・・。」






「足が反対に曲がっとったり・・・血だらけやったり・・・。」





あぁ~・・・手に力が入らんかも・・・。




こう見えてビビリなんです。




手に負えんかったら・・・






ハイパーレスキュー119か?











kijou.jpgはたまた118か?













レスキューマシーン
こんなんが登場して、大騒ぎに・・・。





などと、頭の中で色々想像しながら現場に着く・・・。






そこには叫び声の張本人がテトラの下を覗きながらライトで下を照らしてました。






若いオニーチャンです。






「だ・大丈夫なん?(大丈夫な訳ないやろうけど。)」





『左腕が利かないので自力で上がれないみたいで・・・。』






まじで?






恐る恐るテトラの下を覗き込む・・・。






そこには苦痛に顔をゆがめ、全身ずぶ濡れの若者が・・・。






「大丈夫?(だから大丈夫な訳ないでしょ。)」






左肩から滑落したらしく、腕が上がらないようなので、私が右手を掴み連れのオニーチャンが体を抱えて、







力の限り引きずり上げました・・・。







「すみません・すみません・・・。」としきりに詫びる若者。






左腕は利かないが、右手、両足は大丈夫そう・・・鼻の頭をぶつけたのか、出血が確認できた・・・。







この寒い中で、ずぶ濡れも辛そう・・・しかし、車を止めた場所へ戻るにはテトラを渡り歩かないと・・・。







私とオニーチャンで若者をサポートしながらテトラ上を歩いていきます・・・。







「ヘッドライトは?ライトは?落した?」と尋ねると。








『持ってません・・・。』








2人連れで、小さなマグライト一個だけで夜のテトラに来たそうで・・・。








休み休みで、テトラ帯を抜け堤防に到着。








しっかり歩けるようなので、人安心・・・。







私の車に積んであった、タオルと長袖Tシャツ、スエットパンツと毛布(車中泊用)を手に、彼らの車へ。







車のヒーターで暖をとれるので・・・と毛布とスエットパンツは断られたんで、タオルとTシャツだけ渡し、







あまりの軽装を、一言窘め・・・「安全第一ばいっ!」と現場監督の様に告げて車へ戻りました。






しかし、あの程度で良かった・・・。






単独釣行の際は、気をつけようと思う深夜零時。






まじでスバリンに電話しようか思いました・・・。(爆)



















あじ




・・・・おいて帰ったわよ!









禁断症状。

逝けませんでした、先週末・・・。私です。















ち・釣行が、1週以上開くと・・・。
















か・過敏です・・・。

















ピクッ!? (゚∇゚ ;)ハッ!?




































                aji2.jpg



























                                                           自爆。
私は・・・。

岳

Author:岳
よろしく。

こげなこつを・・・。
また・そげなこつを・・・。
どげな?
愉快な人々。
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。